REFORM WORKSリフォーム施工事例

生活空間を小さくする減築リフォーム

  • 築25年
  • 間取り変更
  • バリアフリー化
  • 住設交換

リフォーム後の暮らしはいかがですか?

ちょっと贅沢にリフォームした水廻りですが、お風呂まわりをゆったりさせ大きめの窓からバルコニーを臨むと夜空が澄み切って星もみえてリゾート地にいるような感覚にさえなります。2Fにはミニキッチンを新設し、洗面、お風呂の間取りをかえて、とても小さな回廊型のコンドミニアムが出来上がりました。

リフォームしてよかったのは、みんなが集まれる場所ができたことです。ちょっと個性的な生活感のないスペースは、家でありながら異空間ですね。1Fを使わないときには2Fだけの暖房ですませられるので、光熱費の無駄も少なくなり満足しています。2Fは日当たりがいいので暖房の効率もいいようです。

リフォームのきっかけ

減築の広告をご覧になり、興味を持たれてのご連絡でした。建て替えも考えられていましたが、「まだ住める家をリフォームするなら生活空間をコンパクトにしたい」、「ただ家を小さくするのではなくて、1Fを多目的空間として使えるようにして、みんなが集まって楽しそうにしているのを2Fで感じながら過ごすのは楽しいだろうな」とお考えでした。

ご要望・ご提案

通常であれば、生活空間は1Fにするべきなのでしょうが、H様のご要望を考えると、2Fに集約するのが良いと思いました。2Fにミニキッチンを新設し、洗面、UBの間取りをかえてリフォームしました。

H様のお二人のお嬢さんはそれぞれにお仕事をもたれていらっしゃいます。上の御嬢さんは通訳、翻訳に従事されており、英会話教室とアロマ、化粧水づくりの教室を定期的に開催されています。下の御嬢さんは、フィットネスインストラクターで、エアロビクス、ズンバなどの教室を持たれて、体のメンテナンスのサポートを個人対応でもされています。1Fに多目的スペースを作って皆さんが有効にお仕事に使われるのがベストと感じました。

H様は、星を見るのがお好きなので、部屋にバルコニーをつけました。下屋の雪が車に落ちるのを改善したいと思っていましたが、屋根にバルコニーをのせることで一石二鳥で改善されました。置き型のバルコニーは簡単な工事ですが、屋根の補強もしました。暖房パネルを交換したり、網戸を取り付けしたり、住まいに必要なスタンダードな工事も、もちろんご提案しました。