SPECIFICATION住宅性能

暖かく、長持ちする家づくり。

気密性と断熱性が高い家は、夏涼しく、冬暖かい1年を通して快適な生活環境に繋がります。
家じゅう温度差が少ないため、結露の発生を抑えることもでき、住まいを長持ちさせることもできます。
STV興発の家では、24時間計画換気できれいな空気環境を保ち、省エネルギーで経済的な家づくりを叶えます。

在来木造工法を改良してできた、
新在来木造工法。

これまでの在来木造工法は、構造的に気密化が難しく、床下から冷たい空気が入り込んだり、室内の空気が外に逃げだしてしまったりという欠点がありました。また、このすき間は断熱材の性能が充分に発揮されないばかりか、結露を生じ木材を腐らせ住宅の寿命を短くしてしまうこともあります。

気密化の問題を解決すべく考えられたのが、新在来木造構法です。
この高い技術によってすき間なく気密化することで、断熱材の性能を100%発揮させ、熱や水蒸気をコントロールし、結露せず木材を腐らせない長寿命構造となりました。

この工法によって冷・暖房の効率が上がり、省エネルギーで環境に配慮した住まいが実現しました。

  1. 01
    ダブルの断熱であたたかさUP
  2. 02
    屋根部には330mm以上のたっぷり断熱
  3. 03
    外壁の空気層が壁内部の湿気や熱気を
    外部へ排出内部結露(木材の腐食、カビの発生)を防ぎ、建物を長持ちさせます。
  4. 04
    しっかり気密しあたためた空気を逃さない
  5. 05
    基礎の外側に断熱材をはる基礎断熱工法床下空間も室内環境に近いので床が冷たいということがありません。

結露を防ぎ、
気持ち良い空気環境を実現。

STV興発では「パッシブ換気システム」という、床下に暖房器を置き、取り入れた冷たい外気をその暖房器で暖め、住宅の中の空気を自然循環させることで全室の暖房と換気を同時に行うシステムを採用しています※。

※パッシブ換気システムはオプション仕様です

建物の中の温度が外より高いと、建物の足元では空気が自然に入ってくる力が働き、屋根の周りのような高いところでは空気が外へ出て行く力が働きます。建物の基礎部分で断熱して室内の一部となった床下に外の空気を取り入れ、屋根に煙突を立てて排気させることによってこの効果を最大限に活用しているのです。

床が暖められ建物全体で温度差がほとんど無く、とても穏やかで快適な室内を造ることができるほか、家中くまなく換気と暖房が出来るので結露やカビの発生がありません。また各室に暖房器を設置しなくてもよいので室内を広く使うことができます。

パッシブ換気システム6つのメリット

  1. 01
    温度ムラのない
    快適空間を実現
  2. 02
    換気にともなう
    冷風感を解消
  3. 03
    暖房機の
    台数を削減
  4. 04
    床下のスペースを
    有効活用
  5. 05
    結露やカビの
    心配のない空間
  6. 06
    床表面温度の向上で
    穏やかな暖房環境を実現

住宅性能が目に見えるから、安心。

STV興発の家では、住宅のすき間の大きさや、シックハウスの原因となる室内の化学物質濃度を、信頼できる外部機関に委託し測定しております。
目に見えないものを、目に見える形にデータ化してご報告し、安心を確認してからお引渡ししております。

気密測定

気密のレベルはC値という、隙間相当面積で表されます。この数値が低いほど、「気密の高い家」です。
STV興発の家は、2000年から全棟気密測定を行っており、実績値は2017年の実測平均で0.4c㎡/㎡程度です。
これは120㎡の住宅だと住宅全体で48c㎡(名刺1枚程度)しか、すき間がないということで、気密性には自信を持っています。

空気質測定

シックハウス対策は住まいが抱える大きな課題です。

空気質測定では、ホルムアルデヒド・トルエン・キシレンなど、シックハウスの原因とされる化学物質6種類の濃度を測定し、安心を確認の上お引渡しいたします。