「新築なみの耐震改修の家」の門型ラーメン耐震補強

「新築なみの耐震改修の家」の東面部部分の書斎は壁が少なく、筋カイや合板補強では耐力が不足しています。構造計算によりJ建築の門型ラーメンフレームにより構造補強する事にします。門型ラーメンフレームは既存の土台、柱、桁の内側に剛性の強い門型のフレームを取り付けて、この壁面の耐震性を強化します。

耐震補強前開口部

耐震補強(門型フレーム材)

樹脂サッシ復旧

柱間グラスウール充填

OSB構造用合板

付加断熱下地組

付加断熱GW及び防風層作業完了

「新築なみの耐震改修の家」の門型ラーメン耐震補強の話でした。

 

「新築なみの耐震改修の家」の基礎断熱部分の左官モルタル下塗り

「新築なみの耐震改修の家」の基礎部分の断熱材の施工が完了したので、次は断熱材の上にモルタルを塗ります。まずは下塗りを行います。車庫内部の断熱部分にもモルタル仕上げを行います。左官工事は中川左官工業さんが担当します。

左官下塗り前の断熱材状況

モルタル下塗り状況

車庫内部のモルタル仕上げ

「新築なみの耐震改修の家」の基礎断熱部分の左官モルタル下塗りの話でした。

新築なみの耐震改修の家」の既存煙突を使いパッシブ換気

「新築なみの耐震改修の家」の外部付加断熱工事と気密性能向上工事により内部の気密性能が向上されました。建物の気密性能が向上したので、既存の煙突を利用したパッシブ換気が可能になります。1階、2階の排気口を利用し内部の汚れた空気を排気します。煙突部は排気量を湿度により調整するアイレコを使用します。

取り付け前の排気口(アイレコ)、長内棟梁

煙突に取り付け状況

「新築なみの耐震改修の家」の既存煙突を使いパッシブ換気の話でした。

「新築なみの耐震改修の家」の車庫の天井材張り工事

「新築なみの耐震改修の家」の車庫コンクリート部分に断熱材を貼りました。次に、天井仕上げにはスレート板を張ります。

車庫内の基礎断熱完了と車庫天井仕上げ材張り

ガスメーター部分は納まりの関係で断熱材を薄く施工

車庫内の天井仕上げ張り完了です。

「新築なみの耐震改修の家」の車庫の天井材張り工事の話でした。

「新築なみの耐震改修の家」の基礎上部部分の基礎断熱施工

「新築なみの耐震改修の家」の付加断熱の下地材や水切り板金作業が終わったので、次は基礎上部の基礎断熱施工を行います。断熱材はA種押出法ポリスチレンフォーム(3種)の断熱材厚さ100mmを布基礎に隙間なく接着します。工事は長内棟梁や稲福さんが作業を行います。

基礎断熱の断熱材t-100mm

基礎上部の基礎断熱施工

稲福さんが基礎断熱施工作業

施工完了状況

「新築なみの耐震改修の家」の基礎上部部分の基礎断熱施工の話でした。

 

 

このページの先頭へ