「パッシブ換気とエアコン暖房の家」の設備機器の色決め

今日はパッシブ換気とエアコン暖房の家の流し台、バスルーム、洗面化粧台、便器など設備機器の色決めの為にLIXIL(リクシル)のショールームに行き、細かい部分の確認と色決めを行いました。ショールームのアドバイザーは晒谷(さらしや)さんに担当して頂きました。厨房機器の換気扇は掃除が大変とのことで、掃除の行い易いタイプに変更です。出来上がりが楽しみです。晒谷さんには色々なアドバイスをして頂きまして大変有難う御座いました。

LIXILショールーム

アドバイザーの晒谷(さらしや)さんです。

晒谷さんが流し台の詳細について説明中です。

バスユニットの状況確認です。

洗面化粧台の機能について説明中です。

便器の清掃方法も説明して頂きました。

 

「パッシブ換気とエアコン暖房の家」の設備機器の色決めの話でした。

「パッシブ換気とエアコン暖房の家」地下の土間コンクリート打ち 

「パッシブ換気とエアコン暖房の家」地下の土間コンクリート打ち作業の開始です。今日の作業も基礎工事の清和左建工業の長谷川さんと山本さんが担当で、打ち込み作業のポンプ車操作は塚本左建工業の塚本さんが担当です。コンクリ―トを打つ前に打継部分に打継止水板を布設します。地下室に地下水が侵入しない為の対策です。コンクリ―トを流し込んだ後は金鏝(こて)押えで、コンクリ―トを平滑に均します。きれいに出来上がってきました。

土間コンクリ―トを打つ前の鉄筋状況です。

土間コンクリ―ト打設前に打継止水板を布設します。

コーナー部分の打継止水板状況です。

土間コンクリート打ち作業開始です。

バイブレーターで隅の方までコンクリ―ト流し込みます。

ポンプ車担当の塚本さんです。

コンクリと打設後はコンクリとの金鏝(かねこて)押さえ作業です。

土間コンクリート打設状況です。

ポンプ車操作作業者の塚本左建工業の塚本さんです。(工事完了後に写真を取らせて頂きました。)

 

「パッシブ換気とエアコン暖房の家」の地下の土間コンクリ―ト打ちの作業の話でした。

「パッシブ換気とエアコン暖房の家」地下の地中梁部分のコンクリ―ト打ち 

「パッシブ換気とエアコン暖房の家」地下の地中梁部分のコンクリ―ト打設作業の開始です。今日の作業も基礎工事の清和左建工業の長谷川さんと小泉さんが担当です。ベースコンクリートの上に地中梁と地下壁用のコンクリートを打ち込み作業です。仮枠と仮枠の間にコンクリートを流し込みます。廻りは鉄筋が立っているので作業は大変です。しかし、仮枠の隅々までコンクリ―トを打ち込みます。

基礎地中梁部分コンクリ―ト打設

土止め部分もコンクリ―ト打設します。

仮枠の隅々までコンクリ―トを打ち込みます。

「パッシブ換気とエアコン暖房の家」の地下の地中梁部分のコンクリ―ト打ちの作業の話でした。

「あっ」 という間に、1年の半分が終わろうとしています

湿度が高くて、むしむしする日はあっても

なかなか夏らしい気候になってくれないですね!!

さて、STV北2条ビルでは、今週の月曜日から

新しい展示が始まりました

Vol.114   木村富秋展 

Kimura  Fushu  Exhibition

「心の色、変わりゆく形」

2013年6月24日(月)~7月14日(日)

月~金 9:00~18:00

土・日・祝祭 9:00~16:00

最終日 15:00終了

 

会場はSTV北2条ビルエントランスホールです

札幌市中央区北2条西2丁目 STV北2条ビル 

皆様のお越しをお待ちしております

kita2   matu

 

 

「パッシブ換気とエアコン暖房の家」地下の地中梁部分の仮枠取り付け

「パッシブ換気とエアコン暖房の家」地下の地中梁部分の仮枠取り付け作業の開始です。今日の作業も基礎工事の清和左建工業の長谷川さんと山本さん、小泉さんが担当です。ベースコンクリートとの上に地中梁と地下壁用のコンクリート仮枠を取り付けて行きます。仮枠と仮枠の間にコンクリートを流し込みます。その間には色々な太さの異型鉄筋が配筋されています。

長谷川さんが仮枠取り付け中

山本さんが仮枠取り付け作業

地下部分の仮枠取り付け完了です。

長谷川さんが段取りの手配中です。

小泉さんと山本さんです。

「パッシブ換気とエアコン暖房の家」の地下の地中梁部分の仮枠取り付け作業の話でした。

このページの先頭へ