倖太くんと一花ちゃんの家の暖房パネル取り付け下地 作業

大工さんの外部工事が終わったので、次は内部の作業になります。床下の掃除を行い、大引の上に根太を取り付けます。当社は通常はネタレスで根太は有りませんが、今回のパッシブ換気の家の為に根太を取り付ける工法で施工します。一部の間仕切り部分の空洞部も空気が動くように計画しています。根太下地を作る時には暖房の熱が上昇する様にパネルの入る開口部と空気が床下に戻る為のリターンの仕切りを作ります。パッシブ換気の家では空気のリーターン(空気の戻り)を考慮しないと計通りの空気の流れになりません。その為、色々な工夫が必要となります。


1階の部屋の空気は床下の新鮮空気が温まる事により上昇し部屋に吸気されます。一部の空気は冷やされ、リターン用の開口部から床下に戻って行きます。この様にして1階の室内の空気は床下の空気と循環します。又、1階の一部の空気は吹き抜けや階段室を通り2階のホールに上昇します。その上にパッシブ換気の排気口を取り付けて、外部に排気されるよう造ります。全部の空気が排気される分けではなく、2階の冷えた空気は階段を下がり階段下に有る、ガラリを通り床下空間に戻ります。この様に空気が循環しながら2階の排気口(屋根のサンタ)から一定量の空気が排気されます。外気と室内の温度差や外気の風の力により自然と一定量の換気がされるシステムとなります。パッシブ換気の家は高気密住宅により動力を使わず自然の力で換気する地球に優しいエコの換気システムです。 

「倖太くんと一花ちゃんの家の暖房パネル取り付け下地作業」の話でした。

ハウジング部担当 長瀬

倖太くんと一花ちゃんの家の軒天材張り作業

軒天材を張るための下地作業が完了したので、次は軒天材を張ります。


「倖太くんと一花ちゃんの家の軒天材張り作業」の話でした。

ハウジング部担当 長瀬

倖太くんと一花ちゃんの家の軒天下地組作業

外壁の通気層の縦胴縁取り付け作業が完了したので、次は軒天材を張るための下地材取り付作業を行います。壁通気は通気胴縁部分を通り軒天の軒天換気口へと空気が移動する様に作ります。これは壁内結露を防ぐため通気となります。作業は山本棟梁と鈴木さんが作業を行っています。


急ピッチで作業を行っています。

「倖太くんと一花ちゃんの家の外壁部分の軒天下地組作業」の話でした。

ハウジング部担当 長瀬

倖太くんと一花ちゃんの家の外部窓樹脂サッシ取り付け

パッシブ換気の家 NO41の前に外部の樹脂サッシ取り付けの話をしなければなりませんでした。付加断熱下地及びグラスウールを取り付けた後に外部の樹脂サッシを取り付けます。開口部はサッシ寸法を事前に調べておき、その寸法の中に取り付けます。今回の樹脂サッシは断熱性能の良い,三協立山アルミの高断熱樹脂サッシトリプルアルペン(3重ガラスLow-E)を使用します。

(外部サッシ性能値)  K値  W/㎡K

No.

サッシ名称

K値  W/㎡K

1

PVC トリプルLow-E (縦スベリ)

1.23

2

PVC ペア Low-E

2.33

3

PVC ペア

2.91

4

木製 ArLow-E

2.91

5

断熱アルミ ArLow-E

2.33

6

断熱アルミ Low-E

2.91

7

断熱アルミ ペア

3.49

8

アルミ ペア

4.65

9

アルミ シングル

6.51

10

二重サッシ アルミ+PVC

2.91

参考に色々な窓の性能値を記載します。 (数字が小さいほど性能が良い)

壁、天井、基礎、窓などの場所から内部の熱が逃げます。やはり、一番ガラス部分からの熱損失が多いので、M邸は3重ガラスのLow-Eで熱が逃の少ないガラスとしました。

「倖太くんと一花ちゃんの家の外部窓樹脂サッシ取り付け」の話でした。

ハウジング部担当 長瀬

倖太くんと一花ちゃんの家の外壁通気層工事

土台水切りカラー鉄板張り工事が完了したので、次は外壁の通気層を作る工事を行います。通気層は木材の胴縁材を縦に取り付けます。胴縁は45*18の材料で下端部分は防腐塗布した材料を使用します。通気層は大まかに外壁に雨避け、風避けの役割を持たせて外壁の役割を分離させることで、雨漏り少なくします。万一外壁に雨が入ったとしても、通気層を通じて下に落下するので壁の中まで雨が侵入することは少なくなります。山本棟梁と松井さんが胴縁を次々と固定して行きます。

縦胴縁はこれから張る、窯業系サイデングの下地材として使用されます。縦胴縁のピッチは@450で取り付けます。サイデングの継ぎ目部分は広めの材料(貫き)105*18を使用します。

「倖太くんと一花ちゃんの家の外壁通気層工事」の話でした。

ハウジング部担当 長瀬

このページの先頭へ