こんにちは!

あと数日で7月ですね014676s

ここ数日の夏らしい気候に

嬉しい悲鳴を上げているのは私だけでしょうか?

最近は、節電ムードが高まっているので室内の設定温度が高くなっている事が多いと思います。

仕事中の室内でも熱中症にならないように適度な水分を摂取しましょうね。

 

さて、STV北2条ビルテナントの

プラット22さまのセミナー情報を

この夏から定期的に配信したいと思います。

h-097月おすすめのセミナーはh-09

【基本セミナー】モテ営業マンになる秘訣セミナー~見た目でほかと差をつける~「7月5日」 渡部講師

 

【実践セミナー】目からウロコのPowerPoint~真っ白なスライドから始めよう~ 「7月9日」 木原 真由美講師

 

7月2日~8日までのセミナー

 

希望のセミナーを見つけたら

インターネットや電話で申し込みをしてみましょ~

 

10kita2 matu

2年半前に新築された、清田区美しが丘のM様から一部取り付いていない窓の網戸を取り付けたとの連絡が入りました。訪問して寸法を取って材料を手配しました。早々に取り付けです。

以前の樹脂サッシの網戸はロール式で上に巻き上げタイプでしたが、現在は横引き網戸が多くなって来ました。これで本格的夏場の対応も安心です。

「網戸を取り付けました。」の話でした。

ハウジング部担当 長瀬

エントランスアート第100回記念の神田比呂子展(彫刻)、そして前回第101回野沢桐子展(油彩)の秀作揃いに続き今回は全道展会員、佐藤志帆さんの力溢れる彫刻作品が並びました。石膏、FRP、テラコッタの作品全12点がエントランスを飾りました。DMのカバーに載せたテーマ作品「石塊の人ー風化ー」は、通りに面した吹き抜けガラス面の中央に置かれています。入口左の黒壁前には「不屈の柱」「不屈の柱Ⅱ」が並びます。これに相対して階段下壁前には「Balance」(左)、「自我の傾き」(右)がエントランス空間を圧倒する存在感で観る人の心を掴みます。このほか1階エレベータ横の「沈黙する記憶」、2階エレベータ前の「夢幻の灯」「躍動」など全体を通して人間の生命の原点と強いエネルギーを発しています。佐藤さんの作品に込められた感性が人間の生きる苦しみと喜びを表しているのだと思わざるを得ません。なお、佐藤さんはこの4月からこれまでの制作拠点である函館から礼文島に居を移し、美しい自然の中で制作を続けています。佐藤志帆展は7月15日(日)まで開催されています。Kita2Bld.takeuchi

K様より連絡が入り、現在住んでいるマンションの窓の性能を上げたいとの相談を受けました。マンションは40年以上経過するマンションです。外窓のアルミサッシの引き違い窓は性能が良くないようです。内窓には木製窓が付いていましたが、これを樹脂サッシに交換です。気密性が良くなり隙間風が入らなくなります。


これで快適に過ごせますね・・・!

建具もスッキリ、綺麗になりました。

「内窓を樹脂サッシ改修しました。」の話でした。

ハウジング部担当 長瀬

菊水上町のF邸は外壁サイデング張り替え工事を行いました。それと同時に内部の手摺や玄関に手摺も設置しました。同居しているお婆さんの足腰が弱って来ました。札幌市の補助金を申請し手摺を付ける事にしました。トイレ、浴室、廊下、玄関など色々なところに設置しました。お婆さんは移動には楽ですと喜んでいました。良かったですね。

これで安全に生活がおくれます。

「手摺を取り付けました。」の話でした。

ハウジング部担当 長瀬

このページの先頭へ